パスワードを忘れた? アカウント作成
15600487 story
法廷

英最高裁、ジュリアン・アサンジ氏の米国への身柄引渡に反対する上告を棄却 2

ストーリー by nagazou
流転 部門より
headless 曰く、

英連合王国最高裁判所がジュリアン・アサンジ氏の米国への身柄引渡に反対する上告を棄却したそうだ (BBC News の記事The Register の記事NPR の記事NBC News の記事)。

最高裁の報道官はアサンジ氏の上告について、議論の余地のある法的論点を示していないと述べたという。アサンジ氏の身柄引渡要求に関しては、中央刑事裁判所がアサンジ氏の精神状態を理由に要求を却下したのに対し、高等法院では身柄引渡が不可能ではないとして中央刑事裁判所に差し戻していた。今回、最高裁が上告を棄却したことで、再び中央刑事裁判所で審理が行われることになる。

身柄引渡は内務大臣のプリティ・パテル氏が最終判断を行うことになるが、パテル氏が引渡を認めた場合はアサンジ氏側が新たな申立を行うことが可能とのことだ。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2022年03月18日 21時23分 (#4218187)

    スノーデンは今どこにいるんだっけと思ったらまだロシアなのか
    子供が生まれたらもう動けないわな

    2013年にスノーデンにロシア亡命を薦めたのはアサンジだったらしい
    中南米だと政権交代で新米政権に変わってしまうからだって
    自分で予言した通りエクアドルは親米のモレノ大統領に変わってしまって、アサンジは追い出される羽目に

    情報公開を絶対に許さない米中の二強体制って、米ソ冷戦より酷い時代になりそうだ

typodupeerror

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

読み込み中...