パスワードを忘れた? アカウント作成
15546407 story
インターネット

個人情報保護委員会が個人情報を漏えい 20

ストーリー by nagazou
Oh! 部門より
個人情報保護委員会が個人情報を漏洩してしまったそうだ。個人情報保護委員会はマイナンバーなどの取り扱いについて監視・監督を担う政府機関。各報道によると漏洩したのは募集したパブリックコメントに意見を提出した12人分の氏名や一部所属先などであるという。政府の「e-Gov」上に先の個人情報が含まれたのPDFファイルを掲載してしまったとしている。掲載された期間は1月7日午後1時から午後1時40分までの期間だという。組織名とは裏腹な事態に対してSNS上などで突っ込みが入っていた模様(個人情報保護委員会リリース個人情報保護委員会TwitterITmediaハフポスト)。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • 要約とコメントだけを結果報告書に載せるんじゃなくて、全部公開すればいいんだよ。
    そうしないとその法案などを通したいのか、通したくない人のどっちの意見なのかもわからないし。
    無関係なパブリックコメントを送ってる場違いなやつの長文も含めて全部テキストファイルとPDFで公開してほしい。
    公開しない理由はないだろ。なんでコソコソしてんの?

    • by Anonymous Coward

      貴方がカミソリや小包爆弾を送るのに便利なようにですね。わかります。

      • by Anonymous Coward

        自己破産者の住所公開と同じでダブルスタンダードを貫く個情委には困ったよ

        • by Anonymous Coward

          自己破産者の場合は債権者が破産の事実に気付く必要があるのでやむを得ない。
          住所まで公表する理由は考えてしまうが、対象を一意で識別できる情報ってなれば住所+氏名くらいしかない。

          本当はマイナンバーとかがいいんだろうが民間利用が禁止だし無理。

    • by Anonymous Coward

      あなたがコソコソしてる理由はなんですか?

      • by Anonymous Coward

        スラドはACで書けるからコソコソ意見を書ける。何か問題でも。

        • by Anonymous Coward

          公開できるのに公開しない理由にはならないですね

    • by Anonymous Coward

      by Anonymous Coward という渾身のギャグ

    • by Anonymous Coward

      相手の立ち位置によってコメントを色眼鏡越しに見るのが目に見えてますね。
      大事なのは立場や権威ではなく意見の中身なので、匿名強制のほうが良い意見を集められそうです。

  • by Anonymous Coward on 2022年01月21日 13時57分 (#4188326)

    。。。

  • by Anonymous Coward on 2022年01月21日 14時44分 (#4188377)

    個人情報を収集・保管しなければ、漏洩することもない

    仮に収集・保管する場合、すぐにインターネットからも社内ネットからも切り離された隔離環境に移動し、
    それ以外にあるものはすみやかに削除すればいい

    • by Anonymous Coward

      クレジットカード決済の仕組みと似てますな
      店舗は保持しない、決済会社が情報を保有する

    • by Anonymous Coward

      個人情報を収集・保管しなければ、漏洩することもない

      万が一漏れてしまった際にはすべて故人情報にすれば(ヤメナサイ

  • by Anonymous Coward on 2022年01月21日 15時42分 (#4188439)

    そもそもオンラインのパブコメ提出フォームって個人情報の記入は任意だから匿名で出せるんだよね。郵送のとかは知らないけど。
    慣例的に個人の意見は匿名化して公表する運用になってるけど、わざわざ記入したってことは公表を是としていてもおかしくないのでは?

    氏名公表の是非をラジオボタンか何かで意思表示できるようにすべきでは?
    と考えたこともあったけど、なりすましを考えたら一律で匿名化するしかないかーって思った。

typodupeerror

私はプログラマです。1040 formに私の職業としてそう書いています -- Ken Thompson

読み込み中...