パスワードを忘れた? アカウント作成
13495398 story
Intel

本来アクセスできないメモリ領域のデータを読み出せる可能性がある脆弱性が見つかる、多くのCPUに影響 258

ストーリー by hylom
なるほど 部門より
あるAnonymous Coward 曰く、

どうも報道規制があるようでよく分からないのだが、少なくとも現行のIntel製CPUに脆弱性があり、カーネルメモリをユーザプロセスやWebページに組み込まれたJavaScriptなど様々なユーザ空間プロセスから読み出せる可能性があるようだ(4chan.orgTechCrunch)。対策としてLinuxカーネルやWindows NT系OSにおいてカーネルメモリ空間へASLRの導入がひっそりと進んでおり、Amazon、Google、Microsoftなどクラウドサービス事業各社は大規模なアップグレードを早いところでは来週にも計画している。

影響される利用形態はVPSにとどまらずデスクトップも含まれるが、対象のハードウェアがIntel Coreシリーズプロセッサやその一部で収まるのか、Core 2 Duoやそれ以前、またVIA Technologiesなど他社へ拡張されるかは不明だ。AMDは自社製品についてそのようなバグの影響を受けないと回答している。Linux Kernelにおいてはこの機能を有効にするフラグは X86_BUG_CPU_INSECURE と名付けられ、AMD製ではないすべてのx86プロセッサで有効になるよう設定されている。有効にすることによる性能低下は最大で35%弱となるようだ。

この脆弱性はGoogleのセキュリティチームProject Zeroによって発見されたもので、3日付けで解説記事が公開されている。昨今の多くのCPUに搭載されている投機的実行機能を悪用するもので、2017年6月にIntelおよびAMD、ARMにこの脆弱性を報告していたとのこと。この脆弱性を突く実証コード(PoC)も開発されている。

Project Zeroの発表では、3種類の脆弱性が提示されている。これに対しAMDは声明を発表、AMDのCPUにおいてこれらのうち1つは影響があるもののソフトウェアやOSの修正で対応できるとし、その場合の性能への影響もほとんどないとしている。また、1つは未検証ながらリスクは0に近く、1つは影響しないとしている。

また、ARMもこれについての情報を公開している。これによると、一部のCortexシリーズプロセッサがこの脆弱性の影響を受けるとのことだが、Linuxにおいてはすでに対応パッチが提供されているという。

typodupeerror

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

読み込み中...