パスワードを忘れた? アカウント作成
13227529 story
セキュリティ

イタリアの企業2社、輸出規制を迂回してイランと南スーダンにスパイウェアを販売していた 5

ストーリー by hylom
迂回らしい迂回 部門より
taraiok曰く、

アルジャジーラの記者が4か月にわたる覆面調査をした結果、イタリア企業IPSとAREAの2社が輸出規制の存在するイランと南スーダンに対してスパイウェアを販売していたことが分かった。この2社は資本関係はあるものの実体のないダミー企業を経由することにより欧州の輸出規制を回避していたという。2社に対してスパイウェアを提供していたのは中国企業のSemptianだという(Al JazeeraSlashdot)。

販売されたスパイウェアは携帯電話ユーザーをオンラインで追跡したり、電話やテキストメッセージを傍受できるというもの。Semptian側は2社への販売は認めたものの、販売先が誰かについては知らなかったとしている。なおアルジャジーラの記者は南スーダンとイラン政府関係者に偽装して行動していた模様。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • by Anonymous Coward on 2017年04月14日 9時57分 (#3193392)
    それって何?
  • by Anonymous Coward on 2017年04月14日 23時34分 (#3193931)

    アルジャジーラってすごいな
    湾岸戦争の頃から
    中東サイドの声としてよく出てくるけど
    そのせいで一時期アメリカ政府から敵視されて締め出されそうになったんだよな
    途中からまずいと思った米政府が高官をやたら出演させ始めたけど
    日本のテレビも見習うべき
    出てやんないと言われたら
    出してくださいというまで出演させるべきじゃないと思う
    だから日本のテレビはつまらなくなったんだよな

  • by Anonymous Coward on 2017年04月16日 20時06分 (#3194575)

    当時の彼女の友達に(日本語で)迫っていたのがイタリア人のハッサンという人だった。
    どうもハッサンというと中東の名前の人のような気がしたのだけど、アンマッチな感じでちょっと笑ってしまった。
    その後はしらないけど、よく考えたら親が中東系だっただけかもしれませんね。

typodupeerror

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

読み込み中...