パスワードを忘れた? アカウント作成
12993008 story
Windows

MicrosoftがWindows 10の利用統計情報をFireEyeに提供するとの報道、Microsoftは否定 11

ストーリー by headless
提供 部門より
MicrosoftがFireEyeに対し、Windows 10の利用統計情報を提供すると報じられている(BetaNewsの記事ARNの記事Softpediaの記事)。

FireEyeでは、MicrosoftのWindows Defender Advanced Threat Protection(WDATP)のユーザーがFireEye iSIGHT Intelligenceにアクセスできるようになったことを11月3日に発表している。ARNによれば、この契約にFireEyeへの利用統計情報提供が含まれるという。Microsoftの「組織内のWindows利用統計情報の構成」ページでは、「集計された匿名の利用統計情報を含むビジネスレポートをOEMやサードパーティのパートナーと共有する」場合があると説明されている。

一方、Microsoftでは、今回の契約がiSIGHT Intelligenceのコンテンツ提供に関するものであり、FireEyeが収集した攻撃に関する情報がWDATPの新たな情報レイヤーとして追加されるものであると説明。Microsoft側からの利用統計情報提供は契約に含まれないと述べているとのことだ(Softpediaの記事[2])。
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
  • ぜひバグ/仕様変更の情報をFirehoseへ提供してください。
    あと編集者も募集しているはずなのでこちらにAIを一人ほど…

    #実際あったら便利なのか炎上するだけなのか

typodupeerror

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

読み込み中...