パスワードを忘れた? アカウント作成
11741135 story
セキュリティ

ファイア・アイ、ロシア由来の高度な標的型攻撃「APT28」を報告 5

ストーリー by hylom
血が流れないのはまだマシだが 部門より
maia 曰く、

主に国家レベルのスパイ活動としてサイバー攻撃を行うグループは「APT(Advanced Persistent Threat)」と呼ばれる。これは、米セキュリティ企業Mandiantが2010年に報告した「APT1」から知られるようになったようだ(@ITの記事)。

Mandiantは2013年12月30日にFireEyeに吸収されているが、2014年11月25日、このFireEyeの日本法人ファイア・アイがロシア由来の標的型攻撃「APT28」の説明会を開いた(マイナビ)。

APTは経済的利益が目的ではなく、政府機関によるインテリジェンス活動と考えられ、「中国や北朝鮮などの練度が低いサイバー攻撃ではない高度な攻撃がすでに(日本で)起こっている」「消極的な姿勢が検知に繋がることは難しいため、これまで以上に積極的な姿勢で検知することが求められる」という。

この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。
typodupeerror

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

読み込み中...