パスワードを忘れた? アカウント作成

米国ではどこでも銃撃事件が発生する可能性があるという在デトロイト日本総領事館の注意喚起、トランプ大統領も反発」記事へのコメント

  • を実施しているとは、ちょっと思えないかなあ

    # そして、それなりの頻度(っても少いが、ないわけではないくらい)

    1on1になるタイプの被害だったら注意喚起はだいぶ頻度が必要だろうけど、銃乱射だとなあ...1回現場にいたら、わりとアウトだし

    • by Anonymous Coward

      銃規制より一人最低一丁の銃携帯を義務化した方がましなんじゃないかと思ったりする。

      • by Anonymous Coward

        素人がハンドガン持ったくらいじゃ10人束になっても、訓練された小銃相手じゃ全員やられる。
        それくらい拳銃なんてあたらない。

        • by Anonymous Coward on 2019年08月12日 20時08分 (#3668024)

          A.誰もが銃を所持していない常態
          B.誰もが発砲できるので一方的に発砲できない状態
          のどちらかに均衡させるということになるのだろうけど、
          Bの状態にもっていくのも簡単ではないんですね。
          アサルトライフルの携行と訓練の義務化はハードル高そうだ。

          電車の緊急停止ボタンみたいな銃乱射阻止ボタンみたいのを用意できない物だろうか。

          • >アサルトライフルの携行と訓練の義務化はハードル高そうだ。

            学校や公共施設やイベント会場やその他街なかに誰でも使える Free Rifle と弾を設置して、身の危険を感じたら何時でも自由にお使いください。
            とかすればいいのにね。
            それ用のライフルも売れるしインストラクターも潤うだろうしでNRAも喜びそう。

          • by Anonymous Coward

            米国でも実用的射撃精度で全自動射撃が可能な軽量小型自動小銃=アサルトライフル所有携帯制限は厳しいが、半自動小銃=非アサルトライフル(≒バトルライフル)なら制限は緩い。
            なので5.56x45mmNATO弾全自動小銃より有効射程距離の長い、7.62x51mmNATO弾半自動小銃の方が所有携帯し易く、案外乱射用銃として使用に耐えたりもする。

コンピュータは旧約聖書の神に似ている、規則は多く、慈悲は無い -- Joseph Campbell

処理中...