パスワードを忘れた? アカウント作成

富山県砺波市、道路にイノシシ侵入防止のための溝とふた(テキサスゲート)を設置」記事へのコメント

  • 排水溝にかぶせてるグレーチングの蓋があると、散歩の犬がそこを通れなくなる話はたまに聞きますね。
    ハニカムでもない通常のグレーチングにするだけだとイノシシには効果少ないんかな。

    同市般若地区ではイノシシによる農作物への被害が発生しており、その対策としてこの仕組みが導入されたそうだ。設置費用は約200万円とのこと。このような溝を使った動物の侵入防止装置は「テキサスゲート」などと呼ばれている。

    テキサスでは何の動物避けで使ってるんやろ。

    • by Anonymous Coward

      ジャンプして越えそうな幅に見えるのだけれど、どうなんだろう

      • by Anonymous Coward on 2019年07月11日 22時16分 (#3650404)

        イノシシは体の構造的に飛ぶのが苦手そうなイメージ.

        > イノシシは幅跳び120cm、高跳び100cm飛ぶことができるが、飛ぶという行為は最終手段。
        > 飛ぶ=足を怪我するリスク=絶滅リスクがある。
        http://agrisjapan.com/2014/12/04/inoshishikouenkai/ [agrisjapan.com]

        人間でも走り幅跳びやる時は下が安全な砂場などでやる。下がアスファルトや岩場だったりすると、
        幅跳び2mでも悩む。断崖絶壁で失敗すると死ぬ場合は、幅1mでも飛ばない人は多そう。

        イノシシにとっての1mってそういう距離なのでは。

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

処理中...