パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ジュリアン・アサンジ氏を外交官にして身柄拘束を防ぐというエクアドル政府の試み、英政府に断られる」記事へのコメント

  • エクアドルには、英国に対する手札が無いのだから、アサンジ氏を中国やロシアに売ればいいのに。大使館の車で大使館間を移動する分には英国も手が出せない。

    • by Anonymous Coward

      大使館のヘリコプターって聞かないけど、オスプレイで大使館に降り立ち、そのまま海外まで空中給油を繰り返して飛んでいくってのはできないんだろうか。

      • by Anonymous Coward

        いつから空中なら大使館の外じゃないと勘違いしていた?

        • by Anonymous Coward

          大使館の車を見たことはある?
          日本においては青い横長のナンバープレートで、いわゆる外交官車両と呼ばれ、治外法権だって知ってる?

          ヘリコプターやオスプレイも同様に治外法権で、って言うのがベースにあっての親コメ話であることを理解出来ていると良いのだけど。

          • by Anonymous Coward on 2018年01月13日 23時25分 (#3344160)

            治外法権があっても交通法規は適用されるし、通行可能場所は制限できるんだ。交通違反やスパイ容疑でしょっ引くことは出来ないけど。
            エアフォースワンの中は治外法権だけど、飛来するにはその国の許可が必要になる。もちろん領空を飛行するには飛行計画を提出する必要がある。管制はその地域の航空管制に従う。
            もっとも日本にアメリカ大統領が来る場合は、エアフォースワンは空軍機なので日米地位協定上必ずしも従う必要は無いのだけれど、わざわざ外交プロトコルを無視してまでやることでは無い。ただし横田管制空域使って横田基地に降りるのが慣例になっている。日本はアメポチなんで。

            だから大使館の外交特権ヘリがもしあったとして、管制や軍の警告を無視して領空を突っ切って国外に出ると主権侵害になって、基本国交断絶になる。

            親コメント

吾輩はリファレンスである。名前はまだ無い -- perlの中の人

処理中...